苦労した転職活動

私は大学を卒業し、地元企業にて三年程勤めていたのですが、地元に居るのが嫌になったことから、転職先を見つけずに退職しました。そしてずっと住みたいと考えていた人口の多い都市へ引越しを行いまして、転職活動を始めます。

現在は20代ですがそれでもどのような仕事に就くべきかきちんと決めていなかったので、転職活動は難航します。内定を頂いた企業もいくつかあったのですが、本当にこの業務、職種で良いのか、将来性はあるのかについてばかり考えてしまい、結局は内定を辞退してしまうことが何度もありました。

このようなことを繰り返し行っていたところ、徐々に書類選考の通過率が落ちてきてしまったのです。その後はアルバイトと並行して転職活動を行っていたのですが、正社員としての仕事が決まったのは一年後でした。この経験から転職するにはきちんと見通しを立ててから行うべきだと学びました。

20代の転職強いエージェント

何が何でも転職したい!

そう思ったら、一度立ち止まって考えて欲しいことがあります。それは「本当に転職をする必要があるのか」ということです。

あなたにとって、転職後の人生はどんなイメージでしょうか。
新しい上司、新しい同僚、新しい後輩、新しいお客様など、人間関係は大きく変わるでしょう。その中には、あなたの人生を大きく変える運命的な出会いもあるかもしれません。また、新しい知識、新しいスキル、新しいチャレンジなど、仕事が変わることで様々な発見があり、人間としての成長も待っているかもしれません。転職することによって、新しい人生が開けるように思っている方は多いと思います。

新しい名刺と新しい肩書きを手にして、生まれ変わった自分の姿を想像すれば、誰でもワクワクしてしまいます。転職は、あなたの現状を打開する、希望にあふれた選択肢のように見えるかもしれません。
しかし、このような期待と希望が膨らむを抑えて、一旦冷静に考えて欲しいのです。

転職を考えるとき、まず自分に問うべきことは、そもそも「なぜ転職をしたいのか?」ということ。さらに、「その理由は、本当に転職によって解決されるものなのか?」ということです。
この問いは、このように言い換えることもできます。
「現状を打開するために、本当に変えなければいけないのは自分か?それとも会社か?」

例えば、職場の人間関係に悩み、転職を考えているという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
どうしても同僚と上手く付き合うことができず、仕事もスムーズにいかない。上司にも気に入ってもらえず、小言を言われてばかり。ランチタイムはいつも一人。心なしか周囲の目線が痛い気もする。

「自分はこの会社で浮いている気がする…」

こんな悩みを抱え、転職エージェントのドアを叩く方もいらっしゃいます。職場の人間関係が、転職の動機であるというケースです。
この方にとって、解決したい問題は「人間関係の悩み」。悩みを解決するためには、さらに根本的な原因がどこにあるかを探らなければなりません。こうした相談に来られる方の話をよく伺ってみると、実は職場が悪いのではなく、ご本人に原因があるケースも少なくないのです。

上手くいかないことがあるとき、まず自分の外に原因を求めてしまうのは、人間の性とも言えるのですが、置かれている状況を客観的に見ると、ご自身では気づいていない原因を抱えていることがあります。

積極的に同僚や上司に働きかけることもなく、受け身の姿勢ばかり。たまに飲みに誘っても断られるのが常。仕事のことで相談事があっても、つまらなそうに答えるだけ…。

もし、職場にこんな方がいたら、周囲の方は少し距離を置いてつきあうようになるのではないでしょうか。
こうして知らず知らずのうちに自分から周囲に壁を作ってしまい、疎外感を覚えるようになる。周囲との距離が仕事上の悪循環を生み、会社に居づらい状況を打破することができなくなってしまった結果、「転職したい!」と考えるようになる。

もし、少しでも思い当たる部分があるとするなら、おそらく転職してもまた同じことの繰り返しとなるでしょう。転職することは、文字通り「職場を変える」ことであり、転職をすれば「自分が変わる」わけではないのです。

「現状を打開するために、本当に変えなければいけないのは自分か?それとも会社か?」
これは、人間関係に限ったことではありません。

転職したいと考える方の本音として、「給料が上がらない」という話もよく伺います。この方にとって、解決したい問題は「自分の働きに対する給与に納得していない」ことだと言えるでしょう。たしかに給与体系や評価制度は、会社の収益の結果であり、会社のルールです。
少しシビアな言い方になりますが、あなた自身は納得のいく給与や評価を得るために、考えられる全ての方法をとったでしょうか。

誰よりも会社の業績向上に貢献する働きをした。
それでも納得がいかないので、上司と自分の評価について本音で話し合い、説明を求めた。
さらに納得がいかない部分が残るので、人事制度の改善を求めて人事部に提案をした。

また、どんな経営者であれ、会社をよりよくし、業績を伸ばすことが使命です。その使命を共に負って、会社に貢献してくれる人材にはいくら給料を支払ってでも勤め続けてもらいたいのです。
たとえば、会社の業績が停滞し、全体として昇給がストップしている状況なら、収益改善するための生産性向上策を提案したり、新たな収益源となる新規事業を提案することも、一つの方法です。

本気でご自身の働きに見合った給与を得て、それを伸ばしていきたいと考えるなら、会社に対する働きかけはいくつもあります。もしあなたが、困難を乗り越えてでも会社に何らかのメリットを与えようとしないのであれば、どの会社であっても、あなたに対して望ましい待遇を与えてくれることはありません。ルールや制度はどの会社にもあるのです。

「転職したい!」
そう思ったら、この言葉を自分の胸に問いかけてみてください。

「現状を打開するために、本当に変えなければいけないのは自分か?それとも会社か?」

転職の動機には様々なものがありますが、まずは「会社」と「自分」の両面から、本質的な問題がどこにあるかということを冷静に考えてみてほしいのです。
根本的な問題を探り、解決の方法を検討した結果、自分の考えや行動を変える余地があるとすれば、単に職場を変えただけでは、次の職場でも同じ結果が待っている可能性が高いのです。

しかし、やはり「変えるべきなのは会社だ!」と答えられるのであれば、あなたは望みを叶えるために、これまで精一杯の努力をされたのでしょう。
それならば、これ以上悩む必要はありません。思い切って転職して、新しい可能性の扉をたたいてみましょう!

40代転職エージェント比較

Leave a Reply